お電話でのお問い合わせ
03-6206-2187
24時間
web予約
MENU

審美歯科

Cosmetic Dentistry審美歯科

審美歯科

審美歯科とは、歯の美しさに重点に置いた総合的な歯科治療のことです。単に歯をきれいにするだけでなく、長期に渡って機能させることも目指して治療をおこないます。

美しい口元で、自然で明るい笑顔になれるような歯を目指して、患者さまとよく相談した上で治療を行います。

銀歯が気になる方へ

当院では、CEREC(セレック)システムを用いて、精度の高いクラウン(被せ物)、インレー(詰め物)、ブリッジを製作することができます。

Crownクラウン(被せ物)

クラウンとは、むし歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。
クラウンには、様々な種類があり、保険診療では部位によって、作ることができる冠が決められています。

Inlayインレー(詰め物)

インレーとは、むし歯などで歯を削った後に詰める人工物のことです。直接詰めるタイプのものではなく、型取りをしてつくるもののことを言います。
インレーにも様々な種類をご用意しております。

クラウン・インレーの種類(保険適用外)

オールセラミック オールセラミック
特徴

セラミック(陶器)でできたクラウンです。

  • クラウン:82,500円(税込)
  • インレー:49,500円(税込)

※セラミックの種類、強度により価格が異なります。詳しくはご来院の際にお問い合わせください。

メリット
  • ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • ・変色しにくい
  • ・金属アレルギーが起こらない
  • ・汚れがつきにくいため、清潔に保てる
  • ・歯と強く接着させることができる。
デメリット
  • ・割れやすく、値段が高い
  • ・天然歯より硬く、周りの歯を傷めることがある
ジルコニア 明るめのジルコニア(左)
暗めのジルコニア(右)
特徴

人工ダイヤモンドと呼ばれる、強度の強い、圧倒的に丈夫な素材です。

  • ジルコニアインレー  60,500円(税込)
  • ジルコニアクラウン  82,500円(税込)
メリット
  • ・割れにくい・壊れにくい
  • ・変色しにくい
  • ・金属アレルギーが起こらない。
  • ・汚れがつきにくいため、清潔に保てる。
  • ・オールセラミックより、削る量が少なくすむことが多い。
デメリット
  • ・オールセラミックに比べて、透明度が低い。
  • ・オールセラミックに比べて、値段が高い。
メタルボンド メタルボンド
特徴

中身を金属で作り、外側にセラミックを張り付けたクラウンです。

  • クラウン:115,500円(税込)~
メリット
  • ・中身が金属で作られているため耐久性がある
  • ・透明感はオールセラミック程ではないが、自然な白さがある
デメリット
  • ・裏から見ると金属が見える
  • ・天然歯より硬く、周りの歯を傷めることがある
  • ・金属アレルギーを起こすことがある

ブリッジ

ジルコニア ジルコニアブリッジ
特徴

少数歯の欠損に用いられる人工物です。
両隣の歯を支えにして、欠損部分を補います。
4歯以上はラボメイドのブリッジになります。

  • ジルコニアブリッジ:
    93,500円(税込)× 歯数~
  • ・連結が必要なブリッジの場合、強度の高いジルコニアを使用します。
  • ・前歯部に限り、ジルコニアよりも審美性に優れる強化型セラミックにて作製可能となりますが、折れる可能性が高くなります。

ラボメイド

当院と提携している、熟練の技工士が作製致します。
セレックより高い精度・審美性を求める方におすすめです。
セレックより、作製にお時間をいただきます。
型取り代として、セレックの費用に追加費用を頂戴します。

  • インレー:60,500円(税込)~
  • クラウン:126,500円(税込)~
  • ブリッジ::137,500円(税込)× 歯数~
ジルコニアブリッジ
ジルコニアブリッジ
ジルコニアクラウン
ジルコニアクラウン

Dentition歯並びが気になる方へ・・・

お口の中の状態に合わせて、矯正治療または補綴治療(人口の被せものによる治療)をご提案致します。

矯正治療のメリット

  • 口の中全体のかみ合わせを変えることができる。
  • 歯を削る量がほとんどない。(マウスピース矯正の場合は、少量ですが削ります。)

矯正治療のデメリット

  • 治療期間が長い
  • 口の中に器具を入れなければならない。
  • 歯の色が気になる場合は、別でホワイトニングをする必要がある。

補綴矯正のメリット

  • 短期間で治療を終えられる。(治療本数によりますが、矯正治療より早く終えられます。)
  • 被せ物の色を、白くすることによって、ホワイトニングが不要になる場合がある。

補綴矯正のデメリット

  • ご自身の歯を削る量が多くなる可能性が高い。